ケーン製ドロンリードの調整(続き)

昨日の練習会は、厳しい暑さに加え、テナードロンリードのキーキー音が再発し、
パイプの調整に時間がかかりました。

結果、キーキー音は、次の2つを行うことで解消しました。


①テナードロンリードの場合、リードの長さを2~3ミリ短くする。
②ブリドルが堅く結び付けられている可能性があるので、結び直して緩くする。


②は、今回初めてトライしましたが、かなり効果はあります。


新品のケーン製ドロンリードは、メーカーのブリドルの結びが「きつすぎる」ことが
あるようです。ブリドルの結び直しに関し、リードメーカーから動画が届きましたので、
上記と合わせ、サイトにアップしました。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。