ケーン製ドロンリードの調整

テナードロンのトップの位置がヘンプラインに来るよう、4ミリほど切断しました。
チャンターのピッチが近年上がっているため、チューニングスクリューの無い
ケーン製のドロンリードを使う場合の手段です。

ピッチを上げるためにリードを短くしたことが、立ち上げの問題も解決しました。
ドロンリードを短くすることで、ストライクイン時のキーキー音も鳴らなくなりました。
偶然の発見のため、忘れないよう「ケーン製ドロンリードの調整」を更新しました。


一方で、ベースドロンリードは、この方法はNGでした。
ベースドロンリードは音が変わる(曇る)ため、短くしない方がよいです。
ベースドロンは、リードをシャープにできなかったため、かなり低い位置で
チューニングが合う状態です。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。